ahi.相壁琢人 × 田中生「Domestic Flower」Q&A

ahi.相壁琢人 × 田中生 Artist Q&A

現在、外苑前・ワインワークス南青山で開催中のahi.相壁琢人 × 田中生「Domestic Flower」

相壁琢人は、フラワーアーティストとしてフラワーアートをはじめ、MVフラワーディレクション、押し花の制作、広告/会場装花、ワークショップなどを中心に活動中。近年では、様々なアーティストのMVやジャケットのフラワーディレクションのほか、都内某所にある「喰種レストラン」のキービジュアル・アート制作を担当しています。

田中生は、カメラマンとして商品撮影を中心に雑誌や広告等で活躍し、対象が持つ本来の輪郭を切り撮る撮影を得意としています。2016年より相壁率いる[ahi.]に参加してからは、2人で花の可能性を捉えた作品制作をつづけています。

本展覧会では全く違う2種類の花を共存させ、一輪の花の姿を捉えた12作品の写真を展示中です。

そんな2人のアーティストにQ&Aを実施しアートに根ざした活動のキッカケから、来場者様へのメッセージを伺いました。是非、文章から作品に込められた彼らの熱意を感じ取ってみてください。

ahi.相壁琢人 × 田中生 Artist Q&A

Q:全く違うジャンルで活動されている2人が、どのような経緯でタッグを組んだのでしょうか?

A:仕事先で出会ったことがキッカケです。最初は、2人とも昔バンド活動をしていたので音楽の話しで盛り上がって。

聴いているジャンルが似ていたり、考え方が似ていたので話していく中で「作品撮らない?」という流れになり実際に初めて作品撮りをした時にカッチリと描いているイメージになったことが現在も一緒に作品を作っている経緯です。

Q:“2種類の花を共存させ、一輪の花の姿を捉えた ” 作品はどこから着想を得たのでしょうか?

A:もともとは1輪の花の美しさを表現したいと思っていた作品でした。ただ田中と2人で作品を作っていく楽しさを知って。全く違うジャンルの2人なので全く違う2輪の花を共存しているように見せてみようと思ったことが、この作品の着想です。

いつもはテーマを決めて1度作ったらそのテーマは終わるのですが、この作品はライフワークの様に年月をかけて作り続けています

なので完成することはないのですが、その時のその瞬間の2人と花を同じテーマで残せていける作品になっています。

Q:作品制作時に大切にしていることを教えてください

A:作品テーマごとに大切にすべきことは変わってくるので難しいのですが、一括して言えることは絶対に目の前の花の生命から目を逸らさないということです。

今回の作品以外に花を燃やしたり、水中でインクを垂らしたり。肉や果実に行けたり。

受け取り方によっては花が可哀そうと思われても仕方がない作品が多いのですが。

ただそれらの作品は、覚悟を持って目の前に生けた花の生命を見つめ大切にしていないと花も表現も殺してしまう作品だと思っているので大切にしています。

Q:今回、この展示を通してどのようなことを鑑賞者に伝えたいですか?

A:難しく伝えたいことはないです。

「花っていいな」と思ってもらえたら幸いです。

Q:最後に、鑑賞者へのメッセージをお聞かせください。

A:この度「Domestic Flower」を開催することができました。

大切な方やご友人、お一人でもお食事をしながら鑑賞することのできる素敵な会場です。

皆様の日々に花が寄り添っていますように。

会期中には、相壁による花の在る生活をテーマにした、押し花グラデーションフレーム作りのワークショップも開催されるので、是非お誘い合わせの上、ご参加してみてはいかがでしょうか。
鮮やかで色彩豊かな花々が織りなす彼等の作品をご高覧ください。

会期中には、相壁による花の在る生活をテーマにした、押し花グラデーションフレーム作りのワークショップも開催されるので、是非お誘い合わせの上、ご参加してみてはいかがでしょうか。鮮やかで色彩豊かな花々が織りなす彼等の作品をご高覧ください。

作家プロフィール:ahi. 相壁 琢人(Aikabe Takuto)

2015年よりフラワーアーティストとして制作活動・フラワーディレクションを開始。フラワーアート・押し花制作・MVフラワーディレクション・広告/会場装花・ワークショップ・コラムなど。
東京を拠点に既存する押し花に捉われず流通している植物を使用した制作活動と各地で植生している植物を採取し保存を
目的とした制作活動を行っている。

Webサイト:https://www.ahi-aikabe.com/

 

作家プロフィール:田中 生(Tanaka Ikuru) 

1985年生まれ。新潟県出身。文化服装学院卒業後、都内撮影スタジオ勤務、ロケアシスタントを経てgaku氏に師事。2013年よりフリーランスとして独立。2016年より[ahi.]に参加。主に商品撮影を中心に雑誌、広告等で活躍中。

対象が持つ本来の輪郭を切り撮る撮影を得意としている。

Webサイト:https://www.ikuru.photography/

 

 

ahi.相壁琢人 × 田中生「Domestic Flower」

会期:8月5日(月)〜 10月24日(木)
会場:外苑前・ワインワークス南青山 〒107-0062東京都港区南青山3-2-3 カトレアビル2階
営業時間:月〜土16:00-23:30(L.O. Food 22:30、Drink 23:00)
※貸切営業の場合がございますので、ご確認ください。
日祝休(貸切ご希望の場合は、ご相談ください)
電話番号:03-6721-1400
URL:https://wineworks.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/wineworksaoyama/

在廊日

9月11日(水)、9月25日(水)、10月7日(月)、10月23日(水)
時間:12:00〜16:00
※その他、在廊日はSNSをご確認ください。
https://twitter.com/ahi_takuto

ワークショップ情報




日時:10月12日(土)14:00〜15:30
内容:押し花グラデーションフレーム作り
料金:6000円
※ハーバリウム制作 / 材料費と、お茶+お茶菓子がつきます。
※近日、ワインワークス南青山のサイトとSNSにて掲載いたします。

※本イベント、完売いたしました!

最近の記事

月別アーカイブ

PAGE TOP