SAKE WORKS 〜蔵元とともに〜(美吉野醸造)を開催しました!

全国の蔵元をお呼びして、日本酒と料理のマリアージュを楽しむイベント「SAKE WORKS」。

その第4回目のイベントが、7月27日に行われました。

今回お呼びしたゲストは、奈良県吉野に蔵をかまえる美吉野醸造株式会社の杜氏・専務取締役である、橋本晃明さん!

まずは、橋本さんに『花巴』をはじめとした日本酒の造り方についての講演をしていただきました。
酒造りをされている橋本さんから直々にお話を聞けるとあって、参加者のみなさんは、とても熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

講演の後は、いよいよ日本酒とお料理タイム!
今回は奈良のお酒ということで、柿の葉寿司や吉野葛を使った胡麻豆腐など、奈良の伝統料理をたくさんご用意しました。
すき焼きは、美吉野醸造のおいしい甘酒で作ったワインワークスのオリジナルメニュー。

これらのお料理は、実はイベントの前に橋本さんにも味わっていただき「いいですね」とお墨付きをいただいたものばかり!
当日参加されたみなさん、お味はいかがでしたか?

「SAKE WORKS」の醍醐味は、何と言っても蔵元さんと直接お話をしながらお酒をいただけること。
そして、同じお酒を味わいながら『花巴』ファン同士、初対面でも関係なく仲良くお話できること。

今回も、参加者のみなさんが橋本さんとお話されていたり、参加者同士でお話されていたりと、あちこちで盛り上がっている様子が見られました。
お酒を通じて人と人のつながりが増えていく場、そんなイベントをこれからも開催していきますので、みなさん次回はぜひご参加ください!

美吉野醸造株式会社 杜氏・専務取締役 橋本晃明さんのインタビュー記事はこちら
前編 いちご、桃、ぶどう? 酸で変わる『花巴』の味わい
後編 『花巴』の酒造りの在り方も人生の真髄も、すべては故郷から学んだ

最近の記事

月別アーカイブ

PAGE TOP