新酒と美しい生演奏を、ボジョレー・ヌーヴォー解禁イベントを開催しました!

11月17日、毎年恒例のボジョレー・ヌーヴォー解禁イベントを開催しました。

当日は、シニアワインアドバイザーによるミニセミナーや、若き女性アーティストグループ『G trio』が奏でる華やかな音楽の鑑賞をお楽しみいただきました!

まず乾杯は、金色に輝くシャンパーニュ、シャピュイのカルト・ノワール・ブリュット・トラディションを。こちらは、パリの北東地域の緯度が低いところで生産されたものです。

シャンパーニュに続き、ボジョレー・ヌーヴォーをシニアソムリエのKeiさんのセミナーを受けながら楽しんでいただきました。

①ルイ・テットのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー キュベ・サントネール2018

②ルー・デュモン ボジョレー・ヌーヴォー  2018

③ドメーヌ・ド・ラ・マドンヌのボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー2018

料理は、ボジョレーに合うように前菜盛り合わせ、A3ランクのローストビーフなど。

そしていよいよ…Gtrioによる楽器の生演奏

ワインセミナーが終わり、ワインもある程度楽しんだところで次はいよいよお待ちかねの、Gtrioによるチェロとヴァイオリンの生演奏を。今年4月に生まれた『Geidai&Girls、Genkiすぎる3人組』の楽譜の存在しない彼女らは、同じ曲であるにも関わらず、毎回演奏が変わるアクティブなアレンジ、溢れる躍動感とフレッシュな音楽は、まさに新しい生音!

ヴァイオリン 大島 理紗子さん

5歳よりアメリカにてヴァイオリンを始め、第13回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門Age-J全国大会第1位、第68回全日本学生音楽コンクール全国大会第1位、その他多数の受賞実績。とても明るく元気で、ちょっとお茶目な一面もある、東京藝術大学の音楽学部器楽科三年生。

ァイオリン 吉本 萌慧さん

ドイツにて4歳よりヴァイオリンを始める。第18回日本演奏家コンクール大学生の部1位受賞。文部科学大臣賞、毎日新聞社賞を受賞など。落ち着いた雰囲気が素敵な彼女は、しっとり微笑む姿がとても魅力的な、東京藝術大学音楽学部器楽科の三年生。

チェロ 森下 邑里杏さん

福岡県出身。福岡第一高等学校音楽科卒業。現在、東京藝術大学音楽学部器楽科三年在籍。
第33回福岡県高等学校音楽コンクール弦楽器部門グランプリ受賞。第38回全九州高等学校音楽コンクール弦楽器部門金賞など。終止弾むような笑顔で、演奏の盛り上がりと共に立ち上がったり、大きなチェロを、踊り出してしまうのではないかと思う程楽しそうに弾きこなすその姿に、思わず魅入ってしまう。

第一曲は、結婚式でもおなじみのモーツァルト作曲の、『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』

この後の演奏では、メドレーで映画『Greatist showman』でかかる「never enough」から始まる曲の数々と、ディズニーの「ポカフォンタス」、リトルマーメイドの「part of your world」、またクラブ曲でお馴染みの「beautiful is now」、「Good time」、「Wake me up」、そしてボーカロイドでも有名な「千本桜」など普段口ずさむような身近な曲が披露されました。

ボジョレー・ヌーヴォー解禁イベント、今年もスタッフ共々非常に楽しんで過ごすことができました!

最近の記事

  1. Hangart
  2. hangart
  3. 酒小町,ワインワークス

月別アーカイブ

PAGE TOP