気軽に《宗教画》というアートに触れられる!クリスマスオーナメントワークショップ開催します!

2018年11月8日(金)から2019年1月15日(火)頃まで、ワインワークス南青山にて、Fumiの初個展『Hommage(オマージュ)』が開催されています。
これまで、本展覧会開催に合わせて展覧会概要の情報を掲載しました。
そして、来たる 11月21日(水)19:00〜 開催されるワークショップについてご紹介させていただきます。

誰でも簡単に挑戦できるオーナメント作り!

「オーナメントづくりなんて難しそう…上手にできるか不安!」と思いの方にこそ、参加してほしいワークショップ!Fumiはキャンドルアーティストでありながら、自身で教室を設けてレッスンする講師でもあります。1人、1人、丁寧にレクチャーしてくれるので、少しでも不安に思ったことなど気軽にご質問ください。また、実践で試行錯誤するのも楽しみの一つですが、「こんな風にしてみよう!」「この材料は入れたいな!」など制作イメージを思い描いておくのもいいかもしれません。ワークショップを介して自分だけのクリエイティブな一面を発見してみてください。

 

今回のテーマは《宗教画》!

Fumiの初個展『Hommage(オマージュ)』と連動し、12月の恒例行事であるクリスマスから着想を得て、今回のテーマは《宗教画》にしました。国内ではあまり馴染みがない聖母マリアやイエス・キリストが描かれている《宗教画》ですが、クリスマスなどのイベントを通して、近年親しまれるようになりました。そんな《宗教画》には、抽象的な事柄を具体化する表現方法である寓意が込められています。例えば、聖母マリアの純潔や処女性をあらわしている薔薇。キリストの足元から生えたとされている聖木のヒイラギ。古代ローマにおいて豊穣の象徴を讃えたとされる松ぼっくりなどなど…。様々なアイテムの組み合わせから、《宗教画》というアートに慣れ親しんでみてはいかがでしょうか。

左:聖母子と少年聖ヨハネ(バラ園の聖母)/ サンドロ・ボッティチェリ

 

ワークショップのコラボした美味しいディナー

今回、ワークショップと楽しめる飲み放題がついたディナーは、ワークショップと連動した内容でご提供させていただきます。
イエス・キリストの数々のエピソードから着想を得て、「キリストの肉と血」をあらわすパン (名物であるフォカッチャ)とワインをはじめとし、キリストを巡る伝説には沢山のハーブが登場することから香草系を使用したお料理など。そして、美味しいデザート付きのコース料金に舌鼓を打ちながら、気軽にアートに触れられるワークショップを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

Fumi 初個展『Hommage(オマージュ)』

会期:2018年11月8日(金)〜2019年1月15日(火)頃
会場:ワインワークス南青山 (東京都 港区東京都港区南青山3−2−3 南青山カトレアビル2階)
営業時間:月曜日〜土曜日 16:00-23:30
定休日:日・祝定休(土曜日は、不定期営業)
Webサイト:https://wineworks.jp/

クリスマスオーナメントワークショップ

日時:11月21日(水)19:00〜(所要時間:約3時間)
会場:ワインワークス南青山 (東京都 港区東京都港区南青山3−2−3 南青山カトレアビル2階)
内容:《宗教画》に描かれている寓意的なモチーフを使用したクリスマスオーナメントづくり
参加費:6000円(※美味しいディナー+飲み放題付き)
オーナメント1個追加制作につき+1000円
定員人数:6名
問い合わせ:wineworks@itl-corp.jp

PAGE TOP